水虫になったら抗真菌薬

今まで水虫になったことの無い若い方でも、実は簡単に水虫に感染してしまうほど、日常には水虫の危険性が多くあります。当サイトではその水虫に効くとされる抗真菌薬について記述していきます。

足を気にする女性

抗真菌薬は塗り薬?飲み薬?

抗真菌薬は名前通りに真菌に対して作用を示す治療薬で、作用機序によってアゾール系やキャンディン系など複数の系統が存在します。真菌はカビや酵母と同じもので専門的な呼び方となっており、真菌が皮膚や体内の臓器に寄生することで起こる様々な感染症に対して、殺菌的あるいは静菌的作用を示す抗真菌薬を使用します。真菌の種類は白癬菌やカンジダ、アスペルギルスなどで、聞いたことのある人も多いかもしれませんが、最も多い感染症は白癬菌による水虫です。抗真菌薬の剤形に決まりはなく、塗り薬であればクリームや軟膏、液剤と様々なものがあり、ドラッグストアなどでも販売されています。スプレータイプは塗り薬として取り扱いがしやすく便利で、市販品でも見かけることもありますが、医師の処方薬には存在しません。市販品に飲み薬は用意されていませんが、病院での治療に使用され、医師が症状によって処方したり、注射による投与もあります。真菌による感染症には皮膚に寄生する表在性真菌症、体内の臓器にまで及ぶ深在性真菌症がありますが、この症状の違いによって塗り薬か飲み薬の使い分けをします。例えば水虫であれば皮膚表面に留まるので、クリームなどの塗り薬を使用しますが、爪の内部に侵入した爪水虫の場合は、成分が浸透しにくく効果が現れないことが多いため、飲み薬を使った治療を行います。塗り薬は成分が体内に吸収されずに、全身に作用しないことから副作用のリスクが少なく、誰もが扱いやすいことから優先して使用します。飲み薬は副作用のリスクがあるため、臓器への感染が見られた場合など、どうしても治療に必要と判断された場合にのみ処方するようになっています。そのため、クリプトコッカスやアスペルギルスは臓器に寄生して悪さをすることから、アゾール系の飲み薬を用意します。

★通販で買える抗真菌薬
ラミシール