今まで水虫になったことの無い若い方でも、実は簡単に水虫に感染してしまうほど、日常には水虫の危険性が多くあります。当サイトではその水虫に効くとされる抗真菌薬について記述していきます。

足を気にする女性

しつこい水虫は換気と抗真菌薬で退治

水虫はしつこい皮膚病として知られています。
白癬菌というカビの1種が皮膚の角質層部分に感染する事で、水虫となるのですが、この白癬菌を完全に除菌できるまでには長い時間が必要です。

また、1度症状が治まっても、またぶり返してしまう為、水虫はしつこいというイメージが定着しています。
皮膚科で水虫を治療する場合、抗真菌成分を含む外用薬を処方するケースが一般的です。
抗真菌成分は白癬菌の細胞膜に作用して、発育を抑え除菌します。

最近の抗真菌薬は効果に優れている為、治療を開始してからすぐに症状が緩和されます。
症状が出ていなくても角質層の奥には、白癬菌が潜んでいる為、治療を続けなければいけません。
しかし、治ったと勘違いして勝手に治療を止めてしまうと、また白癬菌が増殖し水虫がぶり返してしまうのです。
また、白癬菌は症状が出ている患部だけでなく、症状が出ていない所にも潜んでいます。
患部にだけ外用薬を塗っていると、いつまでたっても水虫を完治できません。
このような事もあり水虫はしつこいと言われているのです。

外用薬での治療は患部だけでなく、その周囲にも広く塗り広げる事が大切です。
症状が治まっても白癬菌がいる恐れが高い為、自己判断で治療を止めず医師と相談しましょう。

治療を行いつつ足の換気をしっかり行う事で、白癬菌の感染を予防できます。
白癬菌は湿度の高い場所を好む傾向があり、蒸れやすい靴の中では感染しやすくなります。
水虫予防としてはコットン製など、通気性の良い靴下を履くといった換気を心がける事がおすすめです。
最近は通気性の良い靴もあるので、靴下と組み合わせるとより足の換気ができて、白癬菌に感染する事を予防できるでしょう。