今まで水虫になったことの無い若い方でも、実は簡単に水虫に感染してしまうほど、日常には水虫の危険性が多くあります。当サイトではその水虫に効くとされる抗真菌薬について記述していきます。

足を気にする女性

ネイルで綺麗にしたいなら爪水虫は抗真菌薬で治療

足に小さな水ぶくれがいくつも出来たり、足の指の股の皮が剥けてかゆいなどの症状が代表的な水虫は、おじさんたちだけでなく、若い人から高齢の人まで女性でもかかる人が増えているので要注意です。
足の水虫(足白癬)はどんな人がかかりやすいかと言うと、靴を履きっぱなしで働いている人などに多くみられますが、これは水虫の原因となる白癬菌が高温多湿な環境を好むため、通気性の悪い靴やブーツなどの中で足が蒸れる状態が長く続くと繁殖しやすくなるからです。
白癬菌はカビの一種であり、殺菌するためには抗真菌薬を使います。
そのため、自分の足に水虫と思われる症状がある人は、皮膚科で診察を受けて抗真菌薬を処方してもらうか、ドラッグストアで抗真菌作用のある成分が配合された水虫の薬を買って治療するのがおすすめです。
さて、女性のおしゃれとして定番となっているネイルは、ネイルサロンで丁寧に施術をしてもらうのが楽しみという人も多いはずです。
しかし、ネイルサロンでは爪水虫に感染している人の利用を断っているという事実は意外と知られていません。
爪水虫は爪に白癬菌が感染することで、爪の色が濁って変色したり、分厚くなったり、ひどくなるとボロボロと崩れてきたりする症状が出る病気です。
この病気は足の皮膚に白癬菌が棲んでいて、それを治療せずに放っておいたことで爪にも感染して発症する場合も多いとされ、足白癬と同様に抗真菌薬での治療を必要としますが、爪には市販の薬が効きにくいので、皮膚科を受診して爪にも効果的なタイプの抗真菌薬の外用薬や内服薬を処方してもらうことが改善するための方法となります。
爪水虫の写真はネットでも見られるので、最近爪の見た目がおかしいと気になっている人はそれを参考にして、必要なら皮膚科で治療を受け、ネイルサロンにも堂々と行ける爪になりましょう。